審査の目的と審査によって決まること

ローンを利用するときには審査を受けなければなりませんが、この審査では何が問われているのでしょうか。難しく考える必要はなくて、返済可能性が問われていると考えておけば間違いはありません。もっと簡単に言うと返済できるのかどうかと言うことです。
金融機関の収入は貸し出したときに得られる利息ですから、金融機関としてはきちんと返済してくれる人なら、できるだけ多く借りてほしいと考えています。しかし、返済してくれない人には貸したいとは考えません。これを判断するためのものが審査です。
きちんと返済してくれる人ならできるだけ多く借りてほしいと考えているのです。ですから、返済可能性が高い人に対しては有利な条件で貸し出しを行います。ほかの金融機関で借りられるよりも自社で借りてほしいというのが本音なのです。
有利な条件とはどういうことかというと、まず金利が低いと言うことです。低金利であれば支払う利息も小さくなりますから、借り入れをする人としてはぜひ利用したいでしょう。また、借入金額も大きく設定されます。
このように、返済可能性が高いと判断されれば、いろいろな面で有利に借り入れをできいます。審査は通るか落ちるかだけではなくて、ほかのものにも影響すると考えておきましょう。

Copyright© 2010 ローンをうまく活用するための基礎知識 All Rights Reserved.