キャッシングとカードローン

最近になってキャッシングという言葉をよく聞くようになりました。これはどのようなものなのでしょうか。同じようなものとしてカードローンがありますが、キャッシングとカードローンとはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、キャッシングの意味を理解しておきましょう。キャッシングとは、個人の信用力を担保として行われる融資を指します。といっても、何のことか分からない人もいると思います。もっとわかりやすく言えば、保証人や担保がなくても借り入れができる方法です。ローンを利用するときには保証人や担保の設定が必要となる場合が多いのです。
カードローンとは、ローンを利用するときにカードを使うものを指します。少し前までは窓口に行かなければ借り入れができないと言うことがありましたが、ATMの普及によってカードを使って簡単に借り入れができるようになったのです。このようなスタイルをカードローンと呼びます。
最近では銀行をはじめとして多くの金融機関がキャッシングのサービスを提供しているのですが、その多くはカードローンです。ですから、同じような意味に使われることも多いようです。しかし、キャッシングでもカードを必要としないものもありますし、カードローンにも担保を設定するものもあります。混同されがちですが、本来の意味は異なるのです。

Copyright© 2010 ローンをうまく活用するための基礎知識 All Rights Reserved.